東北旅行 3

東北旅行も最終回です。
十和田湖を後にして秋田から山形県に向かいます。

十和田湖八幡平国立公園・発荷峠展望台にて、十和田湖を振り返ってみました。紅葉は少し早かったのですがすごく爽やかな景色が堪能できました。

ミミちゃんもうっとり眺めて楽しんでくれました。

画像


画像


画像


爽やかな秋田道をドライブし山形県に入りました。宿泊ホテルに早く着いたので近くにある水族館に行きました。

山形県鶴岡市にある『加茂水族館』別名・クラゲ水族館です。

画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


いろんなクラゲに出会いました、水族館内でイルカショーが開けれて可愛いイルカの演技を見せてもらいました。

画像


画像


画像


今夜のホテルは山形県『いこいの村』です。
ホテルではペット同伴専用と一般宿泊用と別れていました。この廊下の両側がペット専用部屋です。

突き当りのドアから自由に散歩に出ることができ素敵でした。

画像


部屋も大きくゆったりしたたたずまいでのんびりくつろぐことが出来ましたミミちゃんも広い部屋でご機嫌でした。

画像


画像


画像


おいしい夕食。

画像


気持ちよくいい朝が迎えられミミちゃんと広い散歩道で遊んできました。

画像


画像


ミミちゃんも広いので思い切り走りました。

画像


画像


今日は山形県より新潟県に向かいます。
途中日本海に景色を楽しみながら、途中『道の駅・あつみ』で休憩です。

画像



画像


画像


名勝・天下の険 『親不知』
 かって北陸道最大の難所と呼ばれました。断崖絶壁と日本海の荒波が旅人の行く手を拒み、わずかな波打ち際を駆け抜ける際に親は子を忘れ子は親を顧みるいとまがなかったことから『親知らず、子知らず』と呼ばれるようになったと伝えられています。

また一説には、源平盛衰の昔、平清盛の弟頼盛が越後五百刈村へ退隠。夫を慕って越後に向かった夫人がこの地を通りかかり、誤って二歳の愛児を波にさらわれてしまいました。
  【親知らず 
     子はこの浦の波枕、
            越後の磯のあわと消えゆく】
夫人が悲願にくれて詠んだこの歌が『親不知』という名に由来したそうです

最終のホテル、『親不知ホテル』に到着。
国道8号線沿いにある観光ホテルです、ホテルの裏側には元の国道があり散策してきました。

このような断崖に道を作られたいきさつが展示されてました。

画像


画像


画像


画像


白い建物が今夜のホテルです。

画像


海鮮料理の夕食です。

画像
画像


画像


画像


私自身初めての長距離ドライブ、心配しておりましたが何とか完走でき無事に帰ることが出来ました。
台風の接近で心配しておりましたがあまり雨にもかからず好天に恵まれ幸せな旅行が出来ました。行く先々でいろんな方々とお出会い出来いい思い出つくりが出来喜んでおります。いろいろご覧いただきまして有難うございました。

東北旅行 2

今日は、いよいよ今回の旅行の本命とでも言いますか、ぜひお会いしたかった『脇野沢寺』(きょうたくじ)住職様にお出会い出来る日がやってきました。

青森県蟹田港よりむつ湾フェリーにてむつ市脇野沢港に9時20分出発しました、脇野沢港には10時20分に到着です。

ゆとりをもって到着しましたので港でミミちゃんと出港までの時間散歩です。

ホタテ貝を養殖するために網籠に貝を詰める作業をされていました。

画像


画像


ミミちゃんは公園でしばらく遊んでました。

画像


脇野沢寺に到着するとご住職様が出迎えてくださいました、広々とした境内に大きな本堂、ここに私が描かせていただいた「涅槃図」が奉られているんです。

画像


玄関を入ると正面に以前に描かせていただいた「釈迦誕生図」が奉られてました、カーチャンともどもびっくりしました。

画像


きれいな本堂に案内されて待望の『涅槃図』に合わせていただきました、立派に奉られていて心の底から嬉しさが込み上げてきて言葉が出ませんでした。
この『涅槃図』は年中この場所に奉られているそうです。ありがたいことです。

画像


本堂にて、ありがたいご読経に賜り感謝の気持ちでいっぱいでした。今回この旅行が出来たことに感謝しております。

画像


大山住職ともお別れして次は『恐山』にお参りに出発。

画像


脇野沢寺より1時間20分ほどで『恐山』に到着しました。大山住職から『恐山』の住職に連絡されていてご住職様が通常ではお参りできない堂内をお参りすることができありがたかったです。

画像


画像


きれいに磨かれた長い廊下を奥の院えと進みまずは「薬師殿」にお参りしました。

画像


画像


天井画がきれいに描かれてました。

画像


画像


次に、ご本尊である「地蔵殿」にお参りさせていただきました。ここからは写真撮影ができません。

地蔵菩薩様の「地」とは大地を表し、「蔵」は生命を生み出す母胎、母の心を表しているそうです。ひたすら人を支えていく大地と子の痛みを我が痛みとしてしかと受け止めてくれる母の心こそ地蔵菩薩そのものなのであります。

画像


画像


画像


恐山のお参りを終えむつ市から今夜の宿えと向かいました、奥入瀬渓谷を抜けて十和田湖湖畔にある民宿「根岸屋」さんに向かいました。

画像


画像


宿のご主人が気さくな方で夕食も楽しくいただきました。ご主人自慢の紅鱒の活きつくり物凄くおいしかった満足しました。

画像


心配していた台風ですが昨夜に熱低になり通り過ぎたようでした、十和田湖湖畔をミミちゃんと散歩しました。
画像


画像


今日は、十和田湖を後にして秋田から山形県に向かいます。

この後は次回に公開します、よろしく。



無事、帰ってきました。

10月3日より8日まで東北地方に長距離ドライブの旅行を楽しんできました。

3日の日に敦賀港より10時発のフェリーで新潟港~秋田港行きで出発しました。敦賀から新潟までは静かな海であまり揺れることなくきれいな日本海の夕日を見ることが出来ました、夜9時ころに新潟港に着き次は秋田に向かいました。

画像


秋田港までは少し揺れが出てきて寝ていても体が揺れているように感じました。ミミちゃんはペット専用の部屋で緊張していたようです。

10月4日朝6時秋田港に到着、下船後秋田より青森に向かいました。

画像


青森に向かう途中に「道の駅・お殿水」で休憩、おいしい水をゲットしました。ミミちゃんも少し落ち着いてきたようです。

画像


青森県に入り海岸沿いに『不老不死温泉』があり、いいお風呂で朝ぶろでぬくもってきました。

画像


「千畳敷海岸」


画像


「海の駅・わんど」  舞の海記念館
曙関や舞の海関の大きさにびっくり。

画像


「ねぶたの家・ワラッセ」
ねぶた祭りに使用された山車がたくさん飾られてました。

画像


画像


画像


画像


画像


今日は青森県の「コテージホテル・ショコラ」にて宿泊です。

画像


あとは次回に公開します。